ナイトワーク未経験者にピッタリ!キャバクラ派遣を知っておこう

  派遣のキャバクラって何?

「夜のお店は稼げる」、そんな話は誰でも知っているはず。
お金を稼ぐことに興味を持ったり、あるいは夜の煌びやかな世界に憧れたりして「ナイトワークで働いてみたい!」と思うのはごくごく自然なことなのかもしれません。
もしそんな風に感じた女の子がいたら、まずは「キャバクラ派遣」で働いてみることをオススメします。

「キャバクラはわかるけど、“派遣”って?」と首をかしげる女の子もいるでしょう。
派遣でもキャバクラ嬢には変わりありません。
一般的なキャバクラ嬢と違うのは、派遣会社に登録をしているという点ですね。
派遣キャバ嬢に対して普通のキャバクラ嬢は“在籍キャバ嬢”と呼ばれることが多いです。

派遣と在籍キャバ嬢の違いとしては、在籍はそれぞれのキャバクラ店に在籍をしてお客様との時間を過ごします。
在籍キャバ嬢は、ごくごく普通のアルバイトと同じ形と思ってもらって大丈夫ですよ。
求人をチェックして、気に入った、もしくは気になったお店が見つかったら応募をして、面接を受けて合格したら、そのお店専属のキャストとして働くことになります。
言い換えれば、そのお店でしか働くことができません。

一方の派遣キャバ嬢は、数ある派遣会社の中から好きなところを選択して登録をします。
すると、派遣会社に届けられた契約キャバクラ店からの“応援要請”を受けて、それを登録している女の子たちに公開し、登録女性はそのお店の中から好きな店舗を選んでお仕事をする、という形になっています。
在籍キャバ嬢とは違って、毎回毎回違うお店で働くことができるというのも、派遣キャバ嬢の一つの特徴ですね。

派遣会社は確かにたくさん存在していますけど、キャバクラ店ほどではないので選びやすいというのもポイントです。
ナイトワーク未経験者だと「お店がたくさんあって選べない!」ってなりますよね。
でも、派遣会社への登録だったら比較も楽だし、そもそも何社に登録しても全然問題ありませんから、とりあえず登録しておいて、何回か使ってみたあとで、「私はこの派遣会社オンリーでOK!」という選び方もできちゃいますよ。

  どんな仕事内容?

派遣のキャバクラ嬢も、在籍のキャバクラ嬢と、基本的なお仕事内容は変わりません。
キャバクラ嬢のお仕事の中心は接客です。
派遣であっても、お客様に楽しく過ごしてもらうことを念頭にお仕事をしないといけないんです。
とは言っても、ナイトワーク未経験だとキャバクラ嬢のお仕事内容そのものがわからないと思うので、それも含めて解説していきましょう。

  お客様オーダーのお酒を作る

お酒を作るのは、キャバ嬢のお仕事の基本中の基本。
凝ったカクテルなどのオーダー以外、例えば水割りやロックなどはキャバ嬢がテーブルでササッと作らないといけません。
これは派遣のキャバ嬢も同じ。
お酒の作り方は知らなくても大丈夫!
派遣会社に登録すると、その会社のスタッフさんが丁寧にお酒の作り方を伝授してくれますよ。

  タバコに火をつけたりテーブルの上の片付け

タバコを吸われるお客様も多いです。
お客様がタバコを取り出したら、キャバ嬢もすかさずライターを取り出して火をつけないといけません。
これが自然にできるかどうかで、キャバ嬢の質が問われることにもなるんですね。

飲んだり食べたり、そしてタバコを吸ったりするとテーブルの上が汚れてくるんですけど、それを片付けるのもキャバ嬢の役目。
灰皿をこまめに交換する、グラスやテーブルの上の水滴を拭く、空いたグラスをボーイさんに片付けてもらう、こんなことをキャバ嬢はテキパキとこなさないといけないわけです。

  お客様とコミュニケーションを図る

夜のお店に来る男性は、お酒を飲むことを目的としているわけではありません。
それなら居酒屋で十分。一番の目的は、女の子とコミュニケーションを取ること。
なので、キャバ嬢もお客様とお話をしながら、楽しい時間を提供することが最も大事なお仕事になるんです。
どんな話にも笑ったりうなずいたり質問で返したり、こうしたことも含めてキャバクラ嬢の仕事内容になってくることを覚えておきましょう。

  その他在籍キャストのサポートをする

派遣キャバクラ嬢が何を心がけてお仕事をしなければならないか、それをまとめるのであれば、「在籍キャストのサポート」となります。
派遣キャバ嬢は、言ってみれば脇役です。
“ヘルプ”という表現をすることも多いですけど、派遣されたお店に在籍しているキャバ嬢がしっかりとお仕事できるように、上で紹介したいくつもの役割をこなしていくことが、派遣キャバクラ嬢の使命。この意識を持ってお仕事に臨みたいですね。

派遣キャバ嬢のお仕事内容はザッとこんな感じ。
どれもお仕事前にちゃんと説明やレクチャーがありますし、そもそも難しいことはないですから、未経験者でも安心して始めることができますよ。