どこが違う?キャバクラの在籍と派遣の違いを分かりやすく解説!

  在籍のキャバ嬢は指名が増えるとバックがつく

派遣のキャバクラ嬢と在籍のキャバクラ嬢はよく比較されますけど、実際に働いてみると全然違うことがわかります。
基本的な仕事内容なんかは共通していても、働き方や感じるストレスなんかは全く違うんですね。
そんな両者の相違点の中でも、とりわけお給料に注目して違いを見ていきましょう。

よく伝説のキャバ嬢とかの話で、月収何百万円だとか、そんなすごい話を聞いたりしませんか?
あれは在籍キャバクラ嬢だからこそできる稼ぎ方なんです。
派遣キャバクラ嬢では、そこまで稼ぐのはちょっと無理ですね。
なんでかと言うと、在籍のキャバクラ嬢は、お客様から指名されると指名された分だけお給料がどんどん増えていくからです。
これがいわゆる「指名バック」と呼ばれるシステム。

1人に指名されるごとに数百円から数千円のインセンティブがもらえて、それが時給額にも反映されていくので、人気の在籍キャバクラ嬢になると月に100万円とか200万円とか稼げることになるわけです。派遣キャバクラ嬢でも、お店によっては指名バックをくれたりドリンクバックを加算してくれたりするところはありますけど、在籍キャバクラ嬢ほどお給料の上乗せとはなりません。

  在籍のキャバ嬢は時給が下がることも

バックシステムの話を聞くと、「だったら派遣よりも在籍の方が良さそう」と思うかもしれませんね。
でも、それはちょっと短絡的。
在籍キャバクラ嬢は指名数や売上金額などに応じてお給料が変わるんですけど、それはつまり、指名数や売上金額が悪ければ、その分お給料が下がる可能性があるということなんです。

キャバクラ嬢の時給って、どうやって決まっていると思いますか?
在籍キャバ嬢の場合は、まさに指名本数や売上によって決まっているんです。
人気が上がれば指名数や売上が伸びるので、それに比例するように時給額もアップしていきます。
これを“スライド制”と呼ぶんですけど、逆に言えば、指名数や売上が伸び悩めば、このスライド制によって時給を下げられてしまうわけなんです。

ナイトワーク未経験者の女の子は体入の公式サイトの記事などにも目を通してみてから、在籍にするか派遣にするかをよくよく考えてみてください。
キャバ嬢として働き始めたとして、時給がどんどん上がるくらいの成績をすぐに収められると思いますか?
もし成績が上がらなければ、どんどん時給が下がってしまうと考えると…ちょっとリスクが高いですよね。
派遣キャバクラ嬢だと、お店ごとに時給額が提示されて、その勤務に関しては時給額が上下することはありません。
固定です。
場内指名が取れなくても、お客様がドリンクを頼んでくれなくても、時給額は変わりません。

つまり、派遣キャバクラ嬢は、時給が上がらない代わりに時給が下がることもないんですね。
これが在籍と派遣の違いであり、ナイトワーク初心者にキャバクラ派遣をおすすめする理由です。