知っておきたい!キャバクラ派遣のメリット・デメリット

  キャバクラ派遣のメリットって?

派遣会社に登録をしてキャバクラ嬢として働く女の子が急増しているということは、そこにはちゃんとしたメリットがあるということ。
それを知ったら、もう「キャバクラ派遣しかない!」と思うかもしれません。

  働きたいお店を選べる

キャバクラ派遣で働いた女の子が、「これが派遣の一番のメリットでしょう!」と主張するのが、働きたいお店を選べるという特徴です。

派遣会社に登録をすると、スマホなどで常にお仕事のチェックができて、そこに何店舗ものキャバクラが時給額や時間などの情報を掲載してくれています。
派遣会社に登録している女の子は、それを確認・比較しながら、どのお店で働こうかを自由に決めることができるわけです。
個別のお店に在籍している女性では、こんな風に日によって働くお店を選んだり変えたりすることはできません。

働きたいお店を選べるということは、働きたくないお店を選べるということでもありますよね。
一度働いてみたけどスタッフさんやキャストさんの雰囲気が悪かったとか、客層が良くなかったとか、そういうお店は二度と選ばないという選択も可能なんです。
逆に、自分にフィットするお店があって、その店舗が派遣会社に女の子の派遣を要請していれば、何度でも働くことができますよ。

ここには、どの女の子もメリットを感じざるを得ないでしょう。

  お店の都合に縛られない働き方ができる!

キャバクラ派遣の魅力は、なんと言っても自由な勤務の仕方ができるところでしょう。
お店に在籍していても、1日3時間・週に1日という働き方もできます。
でも、実際にこのような働き方をしていると、「もうちょっとシフトに入れない?」とプレッシャーをかけられることは間違いありません。

派遣なら、そんなプレッシャーとは無縁でいられます。
だって、シフトが存在しないんですから。

派遣のキャバ嬢は、働きたいと思った時にだけ働くというスタイルが可能なんですね。
お店に在籍していないから、キャバクラ店から「もっと出勤してくれないかな」なんて言われることもありません。
もちろん、派遣会社からそんなことを言われることもありませんよ。

  ノルマやを気にせず働ける!

夜のお仕事に就く女性が憂鬱になってしまう原因の一つに、ノルマがあります。
キャバ嬢未経験者だとピンとこないかもしれませんけど、これが本当に面倒だし厄介なんです。
在籍のキャバ嬢だと、何かしらのノルマがあることが多いですし、精神的にも負担になるんですよね。

でも派遣なら、ノルマはナシ!
これがないだけでも、かなり楽に働けるはずですよ。

  営業活動をする必要ナシ

キャバクラ嬢が口を揃えて「面倒くさい」と語るのが、お客様への営業活動です。

キャバクラ嬢の営業活動とは、来店して名刺交換などをしたお客様へメール・電話・LINEなどで連絡をして、「お店に来てくださいアピール」をすること。
出勤してからやることもあるし、休みの日を利用してやることもあります。

これって、超面倒くさいと思いませんか?
いくらお客様を獲得して指名数を増やしてお給料をアップさせるためとは言え、毎日のようにお客様に連絡を入れるのって正直面倒くさいし、それにプライベートな時間を持っていかれるのは嫌ですよね。

でも、派遣キャバクラ嬢であれば、そんな面倒な営業活動も一切する必要がありません!
一度働いたお店で、次いつ働くかもわからないのが派遣キャバ嬢です。
これは上で説明した通り。だから、営業活動はする必要がないというよりも、意味がないんです。

仕事は仕事、プライベートはプライベート、こうやってしっかりと分けたい女の子にとっては、これも大きなメリットになるはずですよ。

  全額日払いでお給料を受け取ることができる!

頑張って働いて稼いだお金を、その日のうちに全額受け取って帰ることができる、これもキャバクラ派遣だからこそのメリット。
在籍でも日払い制度が適用されるお店はありますけど、日給の一部だけだったりと、対応もまちまち。
派遣なら、そのお店で働くのはその日限りになる可能性もあるので、働いた分はきっちりとその日にもらうことができます。
急にお金が必要になった時にも、このシステムはありがたいですよね。

  キャバクラ派遣のデメリットって?

メリットがあればデメリットもあるのが条理というもの。
ということで、キャバクラ派遣のデメリットも押さえておきましょう。

  お給料は基本的に時給分だけ

キャバクラ派遣で働く一番のデメリットと言われるのは、在籍キャバ嬢よりも稼ぎにくいという点です。
その理由は、歩合がつかないから。

歩合というのは業界用語で“バック”と呼ばれるものですね。
指名バック、ドリンクバック、同伴バック、売上バックなど。
在籍はこれで稼いでいるところがあって、派遣だと時給×働いた時間分のお給料だけのことが多いので、在籍のトップキャバ嬢みたいに月に何百万円も稼ぐことが難しいんです。

ただ、派遣でもドリンクバックなどがつくお店も出てきています。
そういうお店を選ぶと、在籍じゃなくても結構稼ぐことができますよ。

  出勤店舗が毎回変わる

派遣は、出勤ごとに自分でお店を選ぶことができます。
これはこれで面倒な人間関係がないっていうメリットがあるんですけど、出勤ごとにちょっとずつ変わるルールを覚えたり、それぞれのお店で異なる客層に合わせたりなど、臨機応変さが必要になってくる点は、最初のうちは面倒に感じてしまうかもしれません。
でもこれも、最初のうちだけ。
慣れればなんてことないし、そもそもいつも違うお店で働くことを楽しんでいる女の子もいますから。

  まとめ

どうでしたか?

キャバクラ派遣の特徴が、だんだんと掴めてきたのではないでしょうか。
キャバクラ派遣のメリットは、とにかく自由である点にあります。
出勤日も自由、働く曜日も自由、お店も自由に選択できるし、長期で休むのももちろんOK。
煩わしい人間関係からも逃れられますから、「気楽に働きたい!」と願う女の子にとっては、これ以上ない環境になるはずですよ。

一方で、稼ぎづらいというデメリットもあります。
でもこれも在籍キャバ嬢と比較したらの話で、他のお仕事と比べれば、派遣でも十分に稼ぐことが可能。
時給固定というのは、裏を返せば時給が下げられてしまうことがないとも言えますよね。
在籍だと成績が悪かったら時給もダウンすることがありますから。

ここで挙げたメリットとデメリットを冷静に比較してみましょう。
そうすれば、選ぶべき働き方がだんだんと見えてくるはずです。